カテゴリ:2006伊豆ツーリング( 4 )

 

伊豆キャンプツーリング ④

今日は最終日
やっぱり4時半に起きて
6時半出発
朝のひんやりとした空気
ちょっと慣れてきました。
テントやシュラフ片付けるのも慣れてきました。

そして風呂の威力ってスゴイ
朝起きたときの疲れが全然違いますね
やっぱ入らなきゃだめだわ 笑

キャンプ場を出て行く時
(管理人の家があるので)エンジンかけないほうがいいかな?と思ったけど
すでに活動している様だったので出発。
キャンプしている人は他にいないけど
この辺りは気を配らないといけないですよね

f0043774_15251424.jpg

河口湖から朝の富士山
朝日を拝んでもよかったかな?また思いましたf^^;

R137の御坂峠
マップルではトンネルを通らないおすすめが書いてありますが
あんま良くなかった。
富士山が見えるのは少しだけだし小さいし。
暗いしブラインドが多い 工事もしてましたよ 意外と車も多い

R137 → R20
R20は甲府市内を通る道なので避けたかったけど
他に道もないので通る
通勤ラッシュも重なって結構混んでたなぁ
当たり前だけど韮崎市辺りからは空いていた

道の駅 はくしゅう で お土産のしいたけを買う
農家から直接販売?している道の駅で
こういう物を買うのが最近ちょっとマイブーム

R20 → R11 へ入る
道を間違え途中のR485を走った
道はすこしぼこぼこだけどキャンプ場が多い良い所でした。
またR11の八ヶ岳高原ラインを走る
この辺りは森の中を走るような高原道路で
空気も良くて道も広くて◎
私はこういう道が好みかもしれない

R299へ向うR141は気持ち的に長かった
でも八ヶ岳?がキレイに見える
f0043774_15373579.jpg

単車は何故か少なく感じたぞ(平日だから??)

R299 メルヘン街道
初めの辺りはちょっと狭くて殺風景
こんなもんかなぁ?と思ってたら徐々に良くなっていくんですね

レストハウスふるさとで休憩
f0043774_15395657.jpg

ブルーベリージュース 300円(だったかなぁ) まぁボチボチ・・・ 笑
ちょっとクドイと思ったけど
f0043774_15411038.jpg

高原のミルクソフト
高原にありがちだけど どうしても食べたくなるこの頃
f0043774_1772647.jpg

記念撮影
後で気付いたんだけどこの休憩時間の時
ハーレーが2台いて男と女
女「ラインどりとか考えなくていいから楽~」と聞こえてきました
ミ「・・・・?(女の人なのにそんなことかんがえとるんかい・・・)」
などと思っていたのですが
その女 国井律子でした!!!(@o@) ご存知ですか?
別にファンって訳じゃないけどもっとしっかり見ればよかったかな?笑

麦草峠を越え一気に高度をおとす
面白いコーナーがいっぱいあったけど
この荷物とアンダーステアでは・・・とちょっと不完全燃焼
(大荷物泊まりツーリングなので仕方ありませんが)
f0043774_15421064.jpg


R299からR192へ入る
R192から一応ビーナスラインなんですね
で、白樺湖
f0043774_1548234.jpg

単車乗りの間で有名な
ビーナスライン!!!
(最近では無料化のせいもあり一般自動車や
バスの観光客車が多く残念とのことですが)
・・・とてもきもちよかった
ちょっと羽アリみたいな虫が多かったけどね
もう写真もほとんど撮らずにノンストップ走行

ビーナスラインの後半(っていうか奥の方)は
かなりタイトなコーナーなんですね
これほど荷物が邪魔と思ったことはありませんでした 笑
今度は軽い荷物で来たいですな

タイトコーナーもすごいけど
見上げた感じの造形美もスゴイ。
「こんな所に道を・・・人間は何でも造ってしまうんだなぁ」
と思いました。

美ヶ原の駐車場で
車で来ていたオジサン2人に話しかけられ単車の話をする
「単車乗ってると友達できるやろ?」とか
「フェリーでみんな大勢で単車乗りが話していて、
でも聞いたらみんなバラバラで みんな居合せた人で不思議やなぁ」
などと話していました。
ホント単車乗りのいいところですよね!!
ちょっと遅い昼食には山菜うどん(写真無い)
f0043774_15564544.jpg

ちょっと寒かったけど最後の腹ごしらえ
味は個人的にイマイチ こひもも?名前忘れた

走り屋もいたけど
今の自分は景色を楽しまないと と思い下る
旅もいよいよ終わりだという気持ちが強くなってきました。

途中のR40からビーナスラインを下りて
諏訪湖へ
諏訪湖からR19で岐阜へ入る・・・

そして8時半 家
無事家に帰ってこれてよかった
やっぱり最後はこれに尽きる。


最後は高原ライン続きだったけど
それぞれが面白かった。
一度走ったからってその道を制覇、終わりじゃない。
単車によっても 天気によっても 一緒に行く人によっても
いろいろなことで
道は違って見える それでいて いつも楽しい。
単車乗りはみんな知っているんでしょうね
f0043774_1791518.jpg

また行きたい。
同じ道でもまた行きたい。
ツーリングもそうだけど旅ってやっぱりイイ。
f0043774_17143718.jpg




3日目走行距離 約500キロ
3日間走行距離 約1300キロ
[PR]

by cb400-sb-sp3-05 | 2006-06-11 16:09 | 2006伊豆ツーリング  

伊豆キャンプツーリング ③

2日目後半です。

確か箱根スカイラインを下りた辺りが
11時半くらいだったかなぁ

R411は暗くて1.5車線くらいだったと思う
それ以前に遅い車にペースをまかされてのんびりでした
アンダーステアでリアも砂?でズルズル

R138に出ると初めはバイパスで
とても快調に飛ばせたがすぐに混む。
のんびり走って山中湖へ向う
富士山がどんどん近くなっていくにつれ
心も弾みました 笑

地図を見ていると
“道志”が目に入って
「あー ここがかー!」と思いました
関東圏の方々のブログにたまに登場する道なんですね!
行ってみたい!!!

とりあえず道の駅 富士吉田 へ
お土産ながめ軽く そば
そしてお決まりのあずきソフトクリームを食べる(特別名物ではない)
ぼやーっと出入りする車や単車を見て休憩

道志の方のキャンプ場にしようか
富士五湖の辺りのキャンプ場にしようか考え
マップルおすすめの“西の海キャンプ場”決定
西湖(さいこ)のほとりなんだが
「何故西の うみ?」と微妙に笑える ・・・今でも笑える(コワッ笑)

R139をわき見しながら走っているとf^^;
「おおー!イイ感じな神社!!」
f0043774_21343177.jpg

富士浅間神社でした
今日は日程にゆとりがあるので参拝もしました
写真もたくさん撮った 木がおっきかったなぁ・・・

R139 → R710 → キャンプ場へ向う
R139から富士山はばっちり見えて涼しいしイイ道でした
R710は もう樹海の中の道だ
修学旅行?できている子供たちにめずらしそうに見られ
キャンプ場へ
f0043774_2138271.jpg

キャンプ場には誰もいませんでした 管理人さんも・・・
携帯で電話すると
管理人「はい 西の海です~」
(西の海って・・・・ 笑)
ミ「あのー キャンプ場利用したいんですが」
管理人「はい 何日にですかー??」
ミ「今 来てるんですけど」
どうやら管理人さん 一家は外出中のようだった
飛び込み・放浪スタイルでスミマセン。

西の海キャンプ場は
オートキャンプ 800円という安さ!
西に開けているので朝日は拝めません 虫もちょっといた
富士山は見えない。
ただすぐソコに西湖があるのでボートに乗れちゃう。
夕日に黄昏ることも可。

まだまだ明るいので
例のごとくテントを張り荷物放り込んで
お風呂セットのみ持って出発!
f0043774_2147252.jpg

河口湖より富士山
河口湖沿い 西湖沿いを走り精進湖も一周
木のトンネル・・・空気が気持ちイイ。

道志も行きたかったけど・・・
今日の風呂は逃せない!!
まだ16時頃というのに早速風呂入りました。
せっかくなので富士山が見える露天風呂へ!!!(自慢?笑)
道の駅なるさわのすぐ近く 1200円は高いが仕方ない
(ちなみに17時からは1000円みたいでした)
はっきり言って
最高に気持ち良かった~~~!!!
みるみるドッとした疲れがほぐれていく・・・
赤・・・ではなかったけどピンク富士も露天風呂から拝みました(-人-)
気付くと2時間くらい入ってたな、風呂 笑

風呂屋の外に出るとまだ明るいではないか
こりゃ走るっきゃねぇ

R71。
R71は樹海の道 風呂上りってのもあって一層ひんやり。
富士スカイラインも行っちゃうか?!
なんて思ったけどさすがに日も暮れて
霧もでてきたのでUターン ・・・いろんな意味で微妙に怖いしね 笑
f0043774_221292.jpg

夕日をバックに1枚
この反対には夕日に染まった富士山。
R71を走りながら今夜はカレーにしようと決める

コンビニでカレーなどの夕飯を買って
給油もしておく(19時閉店のスタンドが多かったと思う ぎりぎり給油)

キャンプ場に帰り
ここでやっと管理人さんに会い800円を払う
すみません 電話しといていなくなってf^^;
ついでに
今夜は他に誰もいないので屋根のある炊事場のところを使っていいか聞きました
CBもテントも移動させて使わせていただきましたm(_ _)m

さー飯だー!
f0043774_2252884.jpg

緑のは湯をいれて20~30分置いておくと
ご飯が出来るもの(持参)結構高いので連続では使えないなー
その隣にあるのはお酒です 今夜のお楽しみ~!
ご飯用の湯を沸かしている間 その間に・・・
f0043774_2272436.jpg

腹減ってて頭おかしかったかも 笑
でも貴重な熱を効率良く利用してますね

食べ終わる頃には少しヒンヤリ
帰ってきた頃青く光っていた西湖も真っ暗
「まー 寝るかー」(22時頃)
とまたシュラフにもぐり込む。
道が良かった
風呂が気持ち良かった
酒が美味かった
と余韻に浸りながら眠りに堕ちる。。。

夜空は星は無く 欠けた月がありました
霧がかかって木々の間にぼんやり輝く




2日目走行距離 320キロ
[PR]

by cb400-sb-sp3-05 | 2006-06-09 22:20 | 2006伊豆ツーリング  

伊豆キャンプツーリング ②

キャンプツーリング二日目です
携帯電話で目覚ましをセットしたものの
目覚ましより早く目が覚める。

とりあえず苦手なシュラフを片付けて・・・
f0043774_2132544.jpg

お湯でコーヒー・・・・
山の中で早朝のコーヒーはたまらなく美味しかったなぁ
空気もきれいだし

テントの外をのぞくと
夜露に濡れた黒いCB・・・相棒がいる・・・
今日もよろしくなどと思ってしまうのであった

前の夜買ったコンビニおにぎりを食べて
テントを片付け 荷物をまとめていると結構な時間
6時半 キャンプ場出発。

伊豆半島 南側 石廊崎
f0043774_2138478.jpg

確かR16沿いの展望台での眺め
f0043774_21383863.jpg

朝日が照らしてイイ感じでした
暗いうちから出て朝日を拝むってのもありだったかな??
なんて思った。

下田の辺りは混んでいた。
通勤ラッシュですかねー
そんななか大荷物でなんか浮いている1台
でも朝からツーリングしている人もいて
会釈してくれるとなんだかすごくうれしかった

有名な伊豆スカイラインに向うため
R135から大室山へ入る
f0043774_21423182.jpg

大室山は緑で
ツルッとしていて笑えた(変ですが)

そしていよいよ伊豆スカイラインへ!!
f0043774_2143432.jpg

平日なので車も(単車も)少なくて快適だった~
写真もたくさん撮りたかったが
気持ち良くてほとんど通りぬけ~ 伊豆スカイライン、長くてイイね!

走り屋もたくさん行き来していたが
このおお荷物、当然はりあう?気にもならずスカイラインを満喫
後ろに1人乗せてるような走り。
でもこの荷物だとすれ違うツアラーの人は高い確率でサイン(挨拶)出してくれます
これはツーリング中そうだったなー

スカイライン続き
芦ノ湖スカイラインへ
f0043774_21515356.jpg

芦ノ湖がきれいに見渡せました 停まっても気持ちイイー!!

さらにスカイライン
箱根スカイラインへ
伊豆スカイラインより走り屋が多かった
料金が安いのもあるのだろうなぁ
空き地で停まると話しかけられる
年配の二人で 気さくないい人たちだった
「荷物が多いので日本一周してるのかと思った」とか言われました
確かに出来る装備ですが 笑
伊豆のスカイラインの話や2重ループの話、
これからビーナスライン行くとかという話になると盛りあがって
うれしかった 共通の趣味っていいなぁ と改めて思った。

今 会ったばっかりの人と
今 親しみの無いの土地で
遠く離れた共通の記憶の中の土地を語っている・・・
なんかいいなぁ
と今でも思い出す。。。
[PR]

by cb400-sb-sp3-05 | 2006-06-08 22:01 | 2006伊豆ツーリング  

伊豆キャンプツーリング ①

前から行きたかった
伊豆に行ってきました
宿も予約せず出発
一人旅でキャンプツーリングってのは初めてでした

相変わらず遅い9時出発
ま 今回は泊まりだからいいのかな?

今回は高速を利用
浜名湖SAで
「どこに行くんですか?」と話しかけられる
伊豆に行きますと言いました
大きな荷物に興味をもたれたんでしょう・・・
その愛知からきた5人くらいのビックバイク団は
焼津にマグロを食べに行くとか・・・
それもよかねー
と思いながら走り始める
高速は静岡を越えると少し空いてきた。

腹が減ったので富士川SAでカツどんを食べる
・・・夕飯まともに食べれるか分からんし 笑

沼津で下りて沼津市内を走る
やっぱりマップル通り混んでました
なんか蒸し暑いしちょっときつかった

R17へ入ると空いている
富士山は曇ってちっとも見えない
R17の西側はきれいだったー
f0043774_2135103.jpg

土肥からR136へ入り内陸へ
マップルのとおり
西伊豆スカイラインの東側の道を走ったんだけど
舗装はきれいなんだけど展望は悪いし暗いし
荒れてて落石も多くて雨の日は怖そう・・・・
あそこ走るくらいならに
西伊豆スカイラインをピストンした方がいいと思った。
いよいよ本日のメイン
西伊豆スカイラインへ・・・!!!
f0043774_2140138.jpg

初めてきました西伊豆スカイライン
天気にも恵まれて最高だった・・・
高原なんですね ひんやりきれいな空気
(すごい荷物?)

そして仁科峠へ
あそこは攻めてもゆっくり走っても楽しめるところなんだろうなぁ。。。
癒されました・・・(*0*)

R59はちょっと狭い
単車だから前から車がきてもいいけど
車だとちょっときついくらいの道幅

R414を南下
川端康成が伊豆の踊り子を執筆した宿の辺りは
なんかひっそりしていて、
“海”な感じの伊豆の穴場な雰囲気でした
不倫旅行にぴったりな感じ(勝手なイメージ なんの話だか 笑)

R414のループは走った感じは見た目通りなんだけど
突如現れる巨大な2重ループは圧巻
走りながら「おもしろーい」と言ってしまいました。

しばらく走り18時に
某キャンプ場にテントをはって荷物を下ろす
f0043774_2155465.jpg

お風呂セットを持って町を走って見ましたが
ガソリンスタンドでおばちゃんに
「いい店ありますか?」と聞いていってみたものの
本日定休日!(T-T)でもありがとうおばちゃん・・・笑
道の駅で海鮮そば(えびが少し入っているそば)の大盛りをたべ風呂屋を探したが
田舎なのか風呂屋は7時で終わり これはきつかった
仕方が無いけど1日目は風呂に入らず終了。。。。

ちょっと街を走ってのんびり
夜の海はそこにぽっかり穴があるようで
山育ちの私は
ちょっとコワ
と思いました

早朝早く動くように
コンビニで朝ご飯のおにぎりをかって給油し
テントに戻る
変わらずキャンプ場には誰もいなかった

気付けば
星がかなりキレイ!!
テントから首だけ出して
少々星空を堪能
小さいのもたくさん光っていて正座が判らないくらいキレイ!
ウチも田舎だけどこんなにきれいじゃない

寝る準備をしていると
ちょっと冷え込んできた。
夜露も出てきた

小川のせせらぎ 虫の鳴き声
癒されました

寝袋に入って
混浴野天風呂入りたかったな・・・
風呂は飯より先に入ったほうがいいですな
飯屋は最低コンビニがあるし・・・
そんなことを思いながら21時就寝

1日目走行距離 約480キロ
とりあえず1日目 無事宿につけよかった
[PR]

by cb400-sb-sp3-05 | 2006-06-06 22:06 | 2006伊豆ツーリング